代表理事あいさつ

全国にいる足圧師の皆さんが
足圧師として社会に貢献していく一助になればと思い、
当協会を立ち上げました。
ご賛同の皆様のご入会を心より歓迎いたします。

代表理事 薄木 和夫
Profile

代表理事 薄木 和夫


北海道函館市生まれ。明治大学法学部卒業後、建設資材メーカー勤務時代、「足圧」に出会う。50歳にして脱サラ、「足圧師」の道へ。足圧を広げるために、スクールそして協会設立に取り組んだ。

「足圧」という感動体験

足圧療法とは、通常の手技とは違い施術者の足の裏を巧みに使い 相手の身体をほぐしていく療法です。

出会いは、サラリーマン時代でした。足圧の施術で背中を揉んでもらった時、まさに 足ではなく手のようでした。驚いて背中を見ると紛れもなく足でしていたのです。

わずかの時間で今まで感じたことがないほど身体が軽くなり、 「これからの仕事はこれだ!」と「足圧師」への道を目指しました。

もともとスポーツをしていてスポーツマッサージへの関心も高く、また自身が幾度となく病を患ったこともあり、健康な身体づくりに貢献する「足圧」との出会いは運命的なものでした。

「足圧」を広めたい

サラリーマン時代の社長さんに「身体がほぐれる」とたくさんの方を紹介していただき、 次々と施術させていただきました。

「始めたばかりなのに、なぜこんなに多くの方が私の足圧を受けてくれるのか」 「足圧を世に広めたい」と、教える立場になろうと全国へ修業に出ました。

全国の流派の足圧師の先生、あんま・指圧師の山根先生に師事を受け足圧代替療法を立ち上げることになりました。

そして、17年間で150名の方に足圧を教えてまいりました。

協会設立へ

2012年、足圧が広く世の中に普及するようにとの想いを込めて、一般社団法人足圧協会を立ち上げました。

とくに協会設立においては、「施術者が万一お客様との賠償事故が生じた場合の保険制度」など安心な施術の環境整備に取り組むことが大きな目的でした。

おかげさまで、他流派にはない本協会独自の手厚い保険制度を導入することができました。

協会設立同時に、札幌の中央区桑園駅前にスクールと店舗、事務所を設立。 「足圧スクール ほぐしま笑!」を認定校としました。

これからも、門戸を大きく開き、施術者の技術向上を我が使命と感じ、 足圧代替療法を普及させたいと考えています。

一般社団法人 全国足圧協会

〒060-0007
北海道札幌市中央区北7条西14丁目28番23号
朝日プラザB棟109号
TEL:090-2073-1555